タウンウォッチング(日記)

2016年1月25日 (月)

富田林・寺内町を訪ねて

先日、「みのお市民まちなみ会議」の皆様と訪れた富田林・寺内町は、旧家の白壁と石畳が続く美しい町で、江戸時代、明治時代、大正時代の面影を色濃く遺し、町を歩くとまるでその時代にタイムスリップしたように感じられました。私にとっても初めて訪れる地であったので、一層そのように感じられました。当地の観光ボランティアガイド・樋口さんの巧みな、わかりやすい説明もあり、一行15名は楽しく視察を行うことができました。

========================

富田林へは、大阪天王寺から近鉄南大阪線で約30分。下車して東側に歩を進めると直ぐに寺内町の町並みが開けます。寺内町(じないまち)とは、室町時代に浄土真宗の寺院の境内に発達した集落で、周りに堀や土塁を巡らし、他宗派や封建領主の攻撃に備えた町です。他には、越前の吉崎、大阪の石山、奈良の今井町などが有名です。

富田林・寺内町は永禄初年(15581561)に誕生しました。京都興正寺の証秀上人が訪れ「荒芝地」を銭百貫文で購入、近隣4ケ村から8人の有力者を集めて興正寺別院を建立し8人衆の合議制のもとで御坊を中心とした町づくりが行われました。

 
その後、織田信長、豊臣秀吉の時代にも独立を維持し、江戸時代には幕府の直轄地(天領)となり、近くを流れる石川の水運と東高野街道・千早街道が交差する陸運に恵まれて宗教自治商業都市、在郷町として発展、今日に至っています。
 
平成9年には、大阪府で唯一の国の「重要建築物群保存地区」として指定され、更に平成20年には「日本の美しい歴史的風土100選」にも選定されています。町には、往時、木材業、酒造業、油業などを営んでいた旧家を含めて約250軒が伝統的民家としての風格を今も漂わせています。
 
=====================

なぜこのような美しい歴史的な町並みが維持されて来たのでしようか。明治、大正、昭和と時代を生き、昭和の高度経済成長の時代も、境内は開発されず、そのまま残ったそうです。しかし昭和58年、境内にある杉山家が不動産屋の手に移り、一時、町の環境維持が危機に陥った時がありましたが、文化遺産に理解のある当時の市長さんが、これに反対し、不動産屋から買い戻したということです。これを端緒として、その後住民による保護運動が盛んになり、平成6年には町の保護運動組織が結成され、現在に至っています。

====================
 
町を歩くと、虫籠窓、忍返し、煙だしなどの昔の建築様式、更には、「当てまげ」という町筋の道と道を半間ほどずらし見通しを妨げるような道路上の工夫、などが見られ興味深く鑑賞させて頂きました。また古い町屋を若い方が廉価で借用し営んでいる町屋カフェやレストランが沢山見られました。

我々が視察していた時、富田林小学校の生徒が先生に連れられて町を散策し、勉強している姿が目に入りました。

このような社会見学は将来、郷土を愛する子供たちを育てるに役立つことだと思いました。

(記:八木芳昭)

1


2


Img_5873


Img_5879


Img_5881


Img_5882


Img_5890


Img_5901


Img_5903


Img_5904





Img_5911


Img_5916


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月20日 (日)

日頃歩かない道 散策シリーズ(第2回) 桜井から牧落まで 

<日頃歩かない道 散策シリーズ(第2回)桜井から牧落まで>
当日の10月18日は、暑さも過ぎ去り、秋も少し進行し、肌寒さを感じる日でした。本日だけはいつもの土曜日でなく金曜日に行われましたので、参加者が若干少なかったですが、参加者一同賑やかにウォーキングを楽しみました。

途中、牧落大八幡宮の秋祭りの準備をされている現場に遭遇し、神社関係者に色々と祭りに関する興味深いお話を聴くことができました。

また、FMタッキーさんんの取材を受けました。
========================
阪急桜井駅に集合、桜井から牧落まで、日頃歩かない道を散策しました。
散策した主なルートは下記の通りです。

○桜井市場

〇新旧入り混じった複雑な桜井西部の街並み

〇新旧混在する街、桜井2丁目

〇僅かに残る農地の面影

〇百楽荘住宅街
〇八幡大神宮

○旧集落の面影を残す牧落の小路

○箕面に唯一残る銭湯「百楽湯」

 

詳しくは⇒
    ・「townwatch201310-1.pdf」をダウンロード

        ・「townwatch201310-2.pdf」をダウンロード

をご覧下さい。

(記:大町凱彦、八木芳昭)
Img_3616

Img_3623

Img_3632

Img_3633

Img_3634

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月28日 (土)

日頃歩かない道を散策シリーズ第1回

<日頃歩かない道 散策シリーズ(第1回)>
当日の9月21日は、暑さも過ぎ去り、秋を少し感じる日でした。初参加の方も数人おられ、皆様、賑やかにウォーキングを楽しんでおられました。

阪急石橋駅に集合、石橋から桜井まで、日頃歩かない道を散策しました。
散策した主なルートは下記の通りです。

豊中市の飛び地 石橋麻田町

〇西国街道

〇西国街道近くの地蔵堂

〇瀬川郵便局横の路地

〇瀬川中央公園の「坪」

〇日商岩井箕面ハイツ

〇半町3丁目
〇瀬川2丁目

 

詳しくは⇒「IMG_20130928_0001.pdf」をダウンロード

(記:大町凱彦、八木芳昭)

Img_3507

Img_3510

Img_3513

Img_3520

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月21日 (日)

まちなみの中の指定樹木を訪ねて散策(東部南コース)

<まちなみの中の指定樹木を訪ねて散策(東部南コース)>
当日7月20日は、少々暑い日でしたが、皆様、元気に完走され、ウォーキングを楽しまれました。
小野原旧街道バス停前に集合、小野原の稲荷神社(春日神社御旅所)を出発点として、西国街道沿いに歩き、指定樹木や歴史的な見所を散策しました。
散策した主なルートは下記の通りです。

〇春日神社御旅所の椋、榎

〇西国街道の裏道

〇鷹野家の門冠松

〇春日神社の鎮守の森

〇松出公園・松出池

〇阪急小野原住宅

〇墓地公園

〇今宮植村家のあらかし

〇西宿北向き地蔵の楠木

〇小路家のあらかし

〇プロジェクトみどりの実験場

 

詳しくは⇒「IMG_20130721_0001.pdf」をダウンロード

(記:大町凱彦、八木芳昭)

=================
春日神社御旅所
Img_3175
====================
鷹野家の門冠松:
鷹野家では三代前から、手塩にかけて育てて
来たもの。門に添えて植えられ、
樹冠あるいは枝が門に差し掛かるように
仕立てられている。
Img_3187
===================
西国街道の裏道:
西国街道は参勤交代の大名行列が通ったので、
その間、何もできないので、生活の知恵で裏道
が出来た。
Img_3179

=================
春日神社の鎮守の森
Img_3190_2
==================
松出公園
Img_3197_2
==================
小野原・墓地公園
Img_3199

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月25日 (火)

まちなみの中の指定樹木を訪ねて散策(西部南コース)

<まちなみの中の指定樹木を訪ねて散策(西部南コース)>

当日5
月18日は曇り空でしたが心配された雨は歩行中は大丈夫でした。阪急桜井駅を出発、半町、瀬川、桜ヶ丘の寺社や指定樹木を散策しました。散策した主なルートは下記の通りです。

〇半町の古い家並み
〇半町本陣跡の指定樹木
〇梶山家の榎2本
〇箕面川と石澄川の合流点の栴檀の大木
〇瀬川神社の樹林
〇荒木家の榎
〇大正住宅博のシンボル澤村家の大王松
 澤村家では建物保存に関するご苦労話をお聞かせ頂きました。

 
〇住野家の榎、椋、楠、楓など

詳しくは⇒「IMG_20130625_0001.pdf」をダウンロード

(記:大町凱彦、八木芳昭)

Img_0526

Img_0529

Img_0534_2

Img_0535






| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月26日 (金)

タウンウオッチング・平尾地区の旧家、指定樹木を訪ねて(4/20)

<平尾地区の旧家、指定樹木を訪ねて散策>
4
20日、好天に恵まれ、箕面駅前を出発。箕面滝道に沿った平尾地区の旧家や指定樹木を散策しました。散策した主なところは、下記の通りです。

*『大井堰水路の分水桶』
*分水桶の在る谷田家の屋敷内:中の坂の上り口

*旧武藤家:中の坂を上った所。武藤家は昔、油屋を永らく続けておられました。ご主人に武藤家に係る昔の箕面の歴史を説明頂いた上、屋敷内をご案内頂きました。お庭には大きな備前焼きの瓶が沢山残っており、往昔の名残を感じました。

*橋本亭と大井堰

*保護樹木:
 
・西江寺のモミ、ヤマモモ、
 
・スパーガーデン入口のケヤキ、アラカシ、
 
・ネバーランド箕面のケヤキ、

 ・寒山寺のクスノキ、モミ、

*正法寺の境内の散策と保護樹木見学(エノキ、ケヤキ)

詳細は⇒「2013.4.townwatch.naiyou.pdf」をダウンロード

(記:八木芳昭)

Img_2635

Img_2650_2

Img_2654_4

Img_2667_3

Img_2674_2

Img_2687_3

Img_2691_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月26日 (月)

タウンウォッチング・箕面森町(11/24)

11月24日、3年ぶりに、箕面森町に行ってきました。第3土曜日の17日が、雨のため、1週間遅れのタウンウオッチングでした。

箕面森町を横断する道路の北側は、住宅がたくさん建ち、住民も増え、街が形成されていました。地区内には、バス停も4か所新設されて利便性が高まっています。印象に残ったのは里山地区で、電柱がなく、道路も直線ではなく、カーブを多用した設計で、個性ある建物が並んでいます。まだ植えたてのみどりですが、樹木が大きくなれば、雰囲気のいい緑豊かなまちなみとなると期待できます。


横断道路の南側は、これからの地域で、道路や街路樹、公園が整備され、宅地粗造成が終わり、大手の住宅会社の分譲中の旗がたくさん立っていました。どんなまちなみが現れるか楽しみです。

(記:事務局 片岡正彦)

横断道路南側
Img_0122

里山地区

Img_0126

展望台

Img_0129_5




| | コメント (0) | トラックバック (0)

景観先進地区見学会ー西宮市甲陽園目神山景観重点地区

みのお市民まちなみ会議では、毎年景観活動先進地域の見学会を催していますが、今秋は11月21日「兵庫県西宮市甲陽園目神山景観重点地区」を訪れました。

この甲陽園目神山地区は、阪急甲陽園駅から北へ車で5分くらいの山腹にある豊かなみどりの茂る高級住宅地です。同地区は平成24年度都市景観大賞(都市空間部門)を受賞、甲陽園目神山地区まちづくり協議会が中軸になり、活発にみどりを守る活動を行っておられます。

同地区内にある瀟洒なやまびこの家(自治会館)にて、まちづくり協議会森池豊武事務局長から、目神山地区の四季を紹介した
DVDの上映、協議会の活動の説明を受け、その後、同地区を案内していただきました。

この地区の活動は、家屋の新築・改修によるみどりの減少を防ぐために、平成20年に「みどりのガイドライン~日本一のみどりのまちづくりを目指して~」を制定。このガイドラインには、道路端より2
mの範囲の「緑被量」の確保、前面道路からの「緑視量」の確保(15%から20%以上)、隣地境界とのセットバック空間の緑化、ガレージのまちなみ緑化への配慮などの厳しい内容が盛られています。

更にユニークなのは、「みどりの保証金預かり制度」です。協議会との事前話し合いに加え、建築前に20~50万円を協議会に預け、ガイドラインを守れば返金されるというルールです。現地のまちなみは、さすがにみどりが豊富で、坂道に並ぶ家は、樹木にさえぎられて、家があるようには見えない敷地がたくさんあり、またうっそうとした林があちこちに残り、町中の住宅地を見慣れたわれわれにとっては、別荘地を歩いているような感を持ちました。

(記:事務局 片岡正彦)

やまびこの家にて

Img_0109_2

見学

Img_0115_4

見学

Img_0120_5



Img_0120_4


Img_0120_3



Img_0120_2



Img_0120

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2012年11月 1日 (木)

箕面・彩都地区タウンウォッチング(10月度)

10月20日のタウンウオッチングは、大規模開発が進行中の彩都の箕面地区を見学しました。箕面市域では、この彩都地域と止々呂美の箕面森町が最後の大規模開発となるでしょう。

大型の重機で宅地の造成が行われている一方、多くの住宅が建設中でした。昨年4月に訪れた時、彩都粟生南地区では、宅地造成が終わり、盛んに住宅建設が行われていましたが、入居が始まり、公園も整備されていました。

中高一貫校の彩都の丘学園が開校し、立派な幹線道路・学文4号線が東西を貫通しています。大型マンションの建設も計画されており、どんな街が出現するのでしょうか。

(記:片岡 正彦)

Img_0087_2

Img_0086_6



 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月18日 (火)

タウンウォッチング(9/15):大阪大学吹田キャンパスを散策

9月15日、千里丘陵の南側に、広大な敷地に緑豊かな学舎が点在する、「大阪大学吹田キャンパス」を散策しました。

まだ、残暑が残り、暑さを感じる日でしたが、千里丘陵の面影を色濃く残す緑豊かで、静かな環境を見ながら、約3KMほどのウォーキングを楽しみました。

詳細は⇒「IMG_0001.pdf」をダウンロード

(記:大町凱旋・八木芳昭)

| | コメント (0) | トラックバック (0)